北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202106«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202108

東京3

安藤ミッドタウン
乾さんの作品を後に、
次は東京ミッドタウンの安藤忠雄氏の美術館へ。
地上部分にはこの特徴的な形だけが見え、
他の部分は全て地下に埋まっている。

安藤ミッドタウン2
内部では丁度、安藤さんの展覧会も開催されていた。
この美術館のスタディ模型や実施図など、
興味深い資料が見られた。
特に青焼き図面は全て見たが、
僕は勝手に施工図に近いような図面を想像していのだが、
以外とアッサリしていた。
模型に直接書き込み、指示を出している生々しい、
安藤さんとスタッフのやり取りに、ホッとする。
安藤建築らしさがここにはシッカリとあった。

ノマディック1
六本木を後に、お台場へ向かう。
駅から少し歩くと、坂茂氏のノマディック美術館が見えてくる。
コンテナと紙管を使った仮設建築。

ノマディック2
内部は撮影禁止だったので撮れなかったが、
グレゴリー・コルベールが過去に古い建築で開催した展覧会空間を、
コンテナと紙管を使い再現したような感じ。
しかし巨大な列柱と空間は圧倒的で、
何処かの宗教建築のような雰囲気がある。

ノマディック3
グレゴリー・コルベールの作品だが、
よく根気良くこの映像や写真を撮ったなと関心する。
美しくも衝撃的であるが、
映像を眺めていて思ったのは、
例えばセピア色がカラーになり、
素敵な音楽が楽しげな音楽とナレーションに変わると、
テレビなどで良く目にする動物番組に見えなくはない・・。
建築もそうだが表現というものはキワドイものである。。

http://www.ashesandsnow.org/

COMMENTS

五十嵐淳 #cYys6Xio|2007.04.24(火)|20:31:57|edit

お久しぶりです。
タフと言うか少々無謀なスケジュールでした。
北海道に戻ってから暫らく足が痛かったです。
ノマディック、良かったので是非!!

#SFo5/nok|2007.04.20(金)|22:21:06|edit

こんにちわ。お久しぶりです。
いろいろと見てきたのですね。
タフだなーと感心してしまいます。
ノマディック美術館の感想、なるほど、と思いました。
映像は音の操作で随分と印象が変わる、ということでしょうか。
ますます見に行きたくなりました!

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/77-74cd4b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||