北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202107«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202109

大阪

竹原1
先週末はレクチャーの為に大阪へ。
その合間に幾つかの建築を見学した。
写真は竹原義二氏の自邸。
この作品は僕が「矩形の森」を発表した「住宅特集0212」の表紙で、
とても印象に残っていた作品でした。
プランは中庭を囲う形状で、それに接するように、
半屋外・屋内が面する構成。
写真は中庭見下ろし。

竹原2
部屋間の移動や上下階の移動は、
基本1度屋外または半屋外に出て移動する。
階高や平面の寸法は最小限にまで絞られている。
ウロウロと移動しているとスケールの感覚が奪われる。
古い旅館を縮小したような空間だが、
空間に対するスケール感だけは元の旅館のままと言ったら良いか。
写真は1番下の階。
遠くから入る光と居場所の関係が心地よい。

竹原3
これはコンクリートの壁に開けられた換気口。
フードも無く網も無く、ただ風穴が空いている。

竹原4
写真は渡り廊下に立つ竹原氏。

先ずこの建築は、絶対に写真では理解出来ないものである。
それは勿論良い意味で。
そして決して真似の出来ない建築である。
これも勿論良い意味で。
そしてとても正しく原初的な建築である。

普段、色々なところで目にする新しい建築に対する
議論や思考が馬鹿馬鹿しく感じるくらいに、
この建築には色々なものが凝縮されている気がした。
素晴らしいものを見せていただけた貴重な体験。



COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/71-98d7ec58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||