北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202107«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202109

レコード。

レコード。


昨日、久しぶりに事務所でレコードを聞いた。
普段事務所ではミニコンポを使いラジオを流している。
レコードプレイヤーとミニコンポを以前から繋いでたのですが、
音が小さくて聞けない状態でした。
その話しを美容室増築のお施主さんにしたところ、
拡張機をプレゼントしてくれました。
これ結構高いのです。
さっそく繋いでみると問題なし。
しかしその後はあまりレコード聞いてませんでした。

12月3日にビリージョエルのライブが札幌ドームでありました。
多分、最後の日本ツアーになると思うので聞きに行きたかったのですが、仕事で・・・。
小学校5年生の時、ビリージョエルのナイロンカーテンを聞きハマリマシタ。
ライブに行けなかったのでレコードが聞きたくなり。
A面が終わるとB面にひっくり返しにプレーヤーまで行きます。
結構メンドウなんだけど、黒い円盤が回っているのを見ると、
何だかとてもホッとします。

ビリージョエルのレコードを探していたら、
他にも懐かしくて聞きたくなるのが沢山。
CDに買い換えるのは無理なのでアナログで聞きます。



COMMENTS

五十嵐淳 #cYys6Xio|2006.12.20(水)|21:51:32|edit

はじめまして。
ザ・ブリッジは後期のアルバムですね。
懐かしい。。

設計施工と言うのは、大変なことも多いけど、
現場と密な関係で常に居られる(居なければならない)状態なので、
それはとても幸せな事だと考えています。
頑張っていきましょう。


ke-no #-|2006.12.20(水)|17:42:23|edit

初めてコメントさせていただきます。
前年まで設計事務所に勤務しており、今は実家の建設会社にて
設計部という形で設計を行っております。
どこかで五十嵐さんもそのような形で仕事をされていると読んだ事があり、親近感を覚えてHPを見させていただきました。
かつてない北海道での建築、また設計施工における建築意匠のあり方、色々お話してみたい事もありますが
なによりも、ビリージョエルファンとのことで、嬉しくなり
コメント書かせてもらいました。
僕はもう少し遅く中学生のころザ・ブリッジを聞いて以来
彼のファンとなり、また恐らく最後?の日本公演にぜひとも
行ってみたかったのですが、残念ながら行く事が出来ませんでした。
なかなか同世代で彼のファンというのは少ないので
とても嬉しく思います。
それでは今後もご活躍陰ながら応援させていただきます。

東京で設計施工の可能性を探求する者より

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/7-c19743bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||