北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201710«123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712

LIXIL × 新建築 企画に参加します。


リクシル札幌イベント

LIXIL × 新建築 企画に参加します。

穴が開くほど見る ── 建築写真から読み解く暮らしとその先

対談 塚本由晴 × 五十嵐淳

これまで、LIXIL と月刊『新建築住宅特集』(新建築社)のコラボレーションで、
玄関、床、間仕切り、水まわり、窓、暮らしなど「住宅」にまつわるさまざまな企画を進めてきました。

『新建築住宅特集』2017 年 7 月号と 9 月号では「これからの暮らしの実践者を訪ねる」と題して、
暮らしに哲学をお持ちの各界の著名人に建築家がインタビューし、
住宅を設計する建築家に対して、あたらめて「暮らし」という視点を考えなければならな いという提案をしました。

そこで、次回では「暮らし」という視点をさらに掘り下げる企画を提案いたします。
「穴が開くほど見る──建築写真から読み解 く暮らしとその先」です。
歴史的な名作住宅の 1 枚の建築写真。そこから読み取れるさまざまなモノやコトがあります。

たとえば、写真にあるテーブルの上のケーキや紅茶、
器や椅子、写された時間や服装を細かくとことん見ていくと、
一家の暮 らしぶりが推察できます。

その時代の社会の状況も踏まえ、そこがリビングダイニングであり人を迎える客間であったこと、
その家族にとってどんなお客であったかを読み取って、都市においてどこまで開かれた場であったかを、
建築家の塚本由晴氏 ち五十嵐淳氏で読み取っていただきます。

現在では「家開き・住み開き」などの言葉が使われていますが、
その先駆的な考えを読み取りながら、この軸を未来に向けて、
客を迎える空間やゲストルームのこれまでを振り返りこれからはどうなっていくのかをも考えます。

日時 11月14日(火) 19:30〜21:00(受付19:00〜)
会場 LIXILショールーム札幌 西棟1F セミナールーム 2
住所 北海道札幌市東区東区北8条東10丁目1

交通アクセス

【地下鉄】 東豊線東区役所前駅4番出口より 徒歩約15分
【バス】 札幌駅北口より 中央バス[東63系統]、札幌駅前(東急前)より 中央バス[環88]サッポロビール園行
いずれも降車停留所「サッポロビール園入り口」バス停より徒歩約2分

申し込み先
--------------------
LIXIL窓口 (中田)
メールアドレス satoru.nakata@lixil.com
①お名前
②会社名
③連絡先(直前連絡可能な携帯番号)
④メールアドレス
--------------------

とても面白い企画ですので、
ご参加お待ちしています。


COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/682-386398a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||