北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202107«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202109

藤本建築を2つ見学。

先日、藤本建築を2つ見学してきました。
スタッフの青木くんにご案内頂いた。

朝、赤坂で元スタッフに車に拾ってもらい武蔵美へ。
学校の駐車場から進むと色々な施設に挟まれるような場所に図書館が建っていた。

藤本図書館1

以前、藤本事務所で巨大な模型を見ていたが、
ファサードのイメージが全く無かったので、
実物を見て、あぁーこんな感じに仕上がったんだと思う。

ガラス割りや止め方、背後の書棚など違和感を感じつつも、
その過激で見たことの無い建築が目の前に存在している事実との、
差を頭の中での摺り合わせる。

藤本図書館2

内部へ入ると1階はエントランスホールのような空間のみがあり、
その他の空間は事務スペースや書庫などの機能。
2階へ上がるとやっとスパイラル状の書棚空間を体感出来る。

書棚には手の届く範囲にのみ書籍が置かれ、
それ以外は空の状態。

書棚を含めて、壁に存在する棚や収納などは、
主張する素材などと同じくらいに壁を彩ることが可能だ。

この棚に囲われた回遊する空間に魅力を最大限に引き出すためには、
やはり全ての棚に書籍がビッシリと詰まっていて欲しい。
それらを梯子に登りながら検索する学生の姿なども想像すると素敵だ。

しかし梯子は危険だなどの日本的な指摘が必ず巻き起こるだろうから、
本物の書籍は置けないのだろうが、
フェイクの書籍の小口ででも埋め尽くして欲しい気がした。

新たな建築や空間に挑戦した時、
色々な軋轢が生じることがあるし、
全てを相対的な目線で客観視せずに、
違和感だけを唱える人も居るだろう。

しかしこうして生まれた今までにあり得なかった空間に対し、
もっと温かく、そして前向きに生き生きとした、
素晴らしい利用法を検討していって欲しいと思った。

武蔵美を後にアパートへ向かう。
途中、ファミレスで昼食を食べながら軽くビールを飲む。
蒸し暑い中でのビールは美味い。

近くに車を止め、少し歩くと、
あり得ない光景が見えてくる。

藤本アパート1

近所のおばあちゃん達も興味深深のよう。
現物を見る前はもっと凄まじい状態で街に対して
建ち現れているのかと思っていたが、
実際はむしろ周辺の雑多さと馴染んでいるように思った。

藤本アパート2

各住個への階段が飛び交っている。
その階段の向こうにも街に対して、
色々なモノが飛び交っている。

藤本アパート3

住人やお施主さんを含め、
今後、迫力を増していくと良い。

2つのあり得ない光景が出現していた。
しかしこの過激さは一見幼稚にも見えるかも知れないが、
その背後には沢山の夢が広がっているようにも見える。

建築の評価は色々とあると思うが、
このような姿勢を否定することは決して出来ない。

今後も定点であり続けて欲しいと思った。

COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/443-a16aaa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||