北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201709«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711

現場状況やモックアップ。

4月4日(日)、札幌駅で構造家の長谷川大輔さんと合流。
午後1時ころ現場に到着し色々と確認。
長谷川さんは構造のチェック。
僕は納まりなど打ち合わせ。


冨田ファーム4月4日現場

このパートはほぼ屋根の合板も貼り終わる。

冨田ファーム4月5日現場

屋根に上がるとこんな感じ。
カーブも予定通り綺麗に仕上がっています。
合板の上に防水をし、柱を塗り、地面を整えると完成。

冨田ファーム4月6日現場

もう1つのパートも建て込みがスタートしました。
こちらは最初のパートと違い、地面が傾斜しているので、
少々、大変ですが今のところ順調に進んでいる。

4月23日のオープンを目指し、今後も工事が進みます。

夕方まで現場で過ごし、
その後、長谷川さんを旭川駅まで送り、
夜に事務所に戻る。


4月5日(月)、午前6時に事務所を出発し帯広へ。
到着後、進行中プロジェクトのファサードのモックアップを確認。

六花亭モックアップ

住宅でモックアップを制作するのは予算的に厳しいので、
今まで極所的に小さなモックアップは作ったことはあったが、
ここまで大きなモックアップは初めての経験。
着工前に原寸で検討できるのはとても有難いことだし、
確実な方法である。
プロポーションなど打ち合わせをする。

六花亭焼き集製材

これは焼杉ならぬ焼集成材を作る作業。
木材の防水対策は色々とあるが、
今回、外部は塗装を使わずに仕上げる方針となり、
検討した結果、表皮を炭化させる防水方法を取ることになった。

今後も様々な検討が繰り返し続くと思うが、
最終的に良い建築となるようにしたい。

現在、事務所の道路向かいにある作業場の大整理をしている。
模型の保管場所を確保するほか、
木製の模型を作れるような環境を整えている。
広いスペースなので少々時間がかかりそうだが、
作業の環境を整えるのは大切だと思う。

今日は夕方から急に冷え込み、
雪が降りはじめ少し積もった。
完全な春はもう少し先のようだ。

COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/426-40c02ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||