北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201709«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711

現場状況&講評会終了。

3月も明日で終了。
今年の北海道は、この時期としては寒い気がする。

3月26日(金)、朝、事務所を出発し富良野へ。
佐呂間は雪解けも進んでいるが、
北見峠を越えると一気に真冬な風景に。
富良野も雪解けが遅い。

冨田ファーム3月25日現場

昼過ぎに現場へ到着。
現場担当者と打ち合わせしながら色々と確認。
画像は前回の画像とは別のもう1箇所のもの。
柱の建つ位置のアスファルトの剥がす。

冨田ファーム3月30日現場

こちらの画像は土の地面の現場。
当初、柱・梁の建て込みを施工者共々、心配していたが、
工事が始まるとスムーズに進む。
構造の応力図がそのまま建ち上がったようなデザイン。
柱は数種類の太さで構成されている。
茫漠としていたスペースに柱がキッカケとなり居場所を作り出す。
「矩形の森」と同じ思考である。

夕方、富良野から札幌へ移動。
到着後、「北海道組」主催の「北海道合同卒業設計講評会」の会場へ。
展示レイアウトが少し見難かったので、
会場に居た学生達とレイアウト変更の作業をする。

3月24日講評会

3月27日(土)、午前10時に会場入り。
平田さん、藤村さんと合流し軽く打ち合わせ。
午前中の審査開始。
ジックリ見ていくと力作が多く楽しい。
審査員の投票で10作品を選出。

午後から講評会開始。
10人がプレゼし質疑、講評が続く。
それぞれに質問に対してシッカリと答えていて中々頼もしい。
様々な議論の結果、

最優秀賞 米本 建 (北海道大学)
優秀賞  伊達 沙央里 (北海学園大学)
優秀賞  山谷 学 (北海道大学)

平田賞  奥田 諭史 (札幌市立大学)
藤村賞  遠藤 尚子 (室蘭工業大学)
五十嵐賞 中澤 晋平 (北海学園大学)

となりました。
記念すべき第1回目の受賞者の皆さん、
本当におめでとうございます。
そして全ての参加者の皆さん、
本当にお疲れ様でした。

そしてこの講評・議論を次なる未来に繋げて欲しいです。
来年も期待してます。

3月27日講評会打上げ

講評会終了後、すすきのへ移動し懇親会。
40名を超える大宴会で盛り上がる。

だるまジンギスカン

最後は「だるま」のカウンターを深夜に占拠し、ジンギスカンで締め。

濃密な1日が終了。

北海道組」の活動が今後、北海道の建築学生シーンを、
もっと盛り上げていってくれる事に期待したい。

COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/423-da300037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||