北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201710«123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712

建築夜楽校 2009


10月に日本建築学会のイベントに参加します。

-建築文化週間2009-

建築夜楽校2009
テーマ:データ、プロセス、ローカリティ
    ——設計プロセスから地域のアイデンティティを考える

主旨:

建築設計のCAD化が進んだ1990年代以降、設計技術の「情報化」が叫ばれ、
コンセプトレベルではコンピュータ・アルゴリズムをはじめとする設計プロセスに
関する議論が盛んに行われたが、実務レベルでの応用が難しいとされてきた。
ところが近年、設計環境のグローバリゼーションにより、実務レベルで3次元CAD、
BIMの導入が盛んになされてきており、技術的な前提の変容に伴って設計プロセ
ス論は再び転換期を迎えていると言える。他方、社会学等で度々指摘されている
ように、地域社会の空洞化に伴う地域アイデンティティの喪失=「郊外化」は著しく、
風景の固有性はますます失われつつある。これらの変化は共に90年代以降の重
要な社会的変化であることは認識されつつあるが、両者の関係を具体的に論じた
建築学的な議論はあまり見られない。

そこで本企画では、「データ」「プロセス」「ローカリティ」をキーワードに、「情報化」を
「郊外化」の原因として遠ざけるのではなく、情報化によってもたらされた知見を郊外
化に対抗するためのコンセプトとして捉え直すことで、建築の新たな社会的役割につ
いて考える。

第1夜:データとプロセスの関係について考える

日時:10月1日(木)18:00~20:30(開場17:30)

パネリスト:

中山英之(中山英之設計事務所主宰)
小嶋一浩(CAtパートナー・東京理科大学教授)
山梨知彦(日建設計設計部門副代表)

コメンテータ:

難波和彦(東京大学教授・難波和彦+界工作舎代表取締役)
江渡浩一郎(産業技術総合研究所研究員)

モデレータ:

藤村龍至(藤村龍至建築設計事務所代表・建築文化事業委員)
濱野智史(日本技芸リサーチャー)

第2夜:プロセスとローカリティの関係について考える

日 時:10月8日(木)18:00~20:30(開場17:30)

パネリスト:

五十嵐淳(五十嵐淳建築設計代表・北海道)
家成俊勝(dot architects共同主宰・大阪)
井手健一郎(rhythmdesign主宰・福岡)

コメンテータ:

古谷誠章(早稲田大学教授・NASCA主宰)
鈴木謙介(関西学院大学社会学部助教)

モデレータ:

藤村龍至(前掲)
濱野智史(前掲)

会場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
定員:300名(当日先着順)
参加費:無料

問合せ:

日本建築学会事務局出版・普及事業グループ 鎌田
TEL 03-3456-2056  
E-mail kamata@aij.or.jp

詳細は下記アドレスにて。

http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2009/bunka2009ky.pdf


COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/365-e4359d4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||