北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201710«123456789101112131415161718192021222324252627282930»201712

色々と見る。


先週末は東京でした。
色々と見てきました。

久しぶりに藤本壮介さんの事務所にお邪魔する。
8年前の小さな事務所スペースからすると、
一体何倍になったのだろうかと言うほど巨大なフロアーに、
相変わらずの巨大模型やスタディ模型がゴロゴロと並ぶ。
スタッフも随分と増えて15名くらい。
その他、学生や外人の研修生も大勢居て、
相変わらず活気に溢れた雰囲気。
色々と現在取り組んでいるプロジェクトを説明してもらう。
彼の姿勢には本当に見習うところが多い。

石上純也さんの事務所にも伺う。
こちらもユッタリとしたワンルームのフロアーに、
フレキシブルに作業スペースが点在する。
石上さんのデスクもフレキシブルに移動すると言うのが面白い。
静寂の中で作業が続いている雰囲気。
刺激的である。

どちらの事務所も広いフロアーが印象的で、
フロアーが広いと出来る事柄も色々と変化するのだと実感。
お忙しい中、お邪魔しました。

美術館やギャラリーも色々と廻りました。

東京都現代美術館では大西麻貴+百田有希展を見る。
洞窟を洞窟のまま躊躇いも無く作ってしまう姿勢、
迷いも無く思い浮んだ思考を形にしているようなプロジェクト達。
その素直と縛りの無い自由さに、
新しい可能性を感じました。
今後もドンドンと変化していくのでしょう。

同じ清澄白川エリアのギャラリーにも足を運ぶ。

タカ・イシイギャラリーでの、
平田晃久さんの展示はチープになりがちなこの手の展示にも関わらず、
その場を完全に空間にしていて、
完成度も高く知的で美しいと思った。

hiromiyoshiiギャラリーでは、
若手建築家の模型が展示販売されていた。
藤本さんのは3つあり既に2つが売れたそうで凄い。
特に印象的だったのは中村竜治さんの作品、
とてもとても繊細でやはり際立って美しい。

小山登美男ギャラリーでは「建築以前・建築以後」が開催中。
菊竹清訓さんの生スケッチは見応えある。
妹島和世さんの犬島プロジェクトも初めて見れたので良かった。
特に凄いなと思ったのが、西沢立衛さんの住宅のスタディ模型。
狭小敷地における考えうる提案の全てを完全制覇した上で、
何者にも寄り付かない新たな方向を見出しているプロセスを辿る事が出来、
かなり興奮しながら見学。

銀座へ移動し煉瓦亭で食事してギャラリー小柳へ。
ここでは石上純也さんと杉本博司さんの作品が展示されていました。
この会場で偶然、中村竜治さんにお会いする。
少し話しが出来て良かった。

表参道ではアーキテクトジャパン2009展を見る。
巨大なマンガの展示は印象的だったが、
その内容は僕には解りにくかった。
展示では平田さんの美術館の模型を覗き込むと、
とても良い空間が展開されていそうで可能性を感じる。
古谷さんの仙台メディアテークコンペ案の生模型を見られて、
構成や空間を把握でき貴重。
ヨコミゾさんの富広美術館の模型も貴重だと思った。
場所立地は素晴らしいが、
意外とコンパクトな空間に窮屈に展示されているのが少々残念な感じ。

六本木では国立新美術館で野口里佳さんの展示を見る。
昔から野口さんの写真が好きで、
今回はかなりの作品数が展示されており、
とてもとても充実した内容。
とにかく美しい作品群。
展示方法もその美しさを無理のない手法で展開されていて心地よい。

この美術館に初めて行ったのだが、
アトリウムが以外とコンパクトで驚く。
その分、展示の空間は巨大で天井高さも十分だしフレキシビリティもある。
アーティストとしてはこのような展示空間の方が、
辺に窮屈にデザインされた建築家の美術館より使い良いのかなと想像。

更に森美術館ではアイ・ウェイウェイ展を見る。
豪快というか明快というか単純というか、
わぁー現代アートだなぁーと言う印象。
裾野広く楽しめそうな展示が続く。
小難しくなくて良い気もするが、
何か物足りなさも感じる。
作品1つ1つの質感はとても良かった。
昨年参加したオルドスプロジェクトの資料も少し展示されていたり、
アイ・ウェイウェイ本人の雰囲気やオルドスの空気感を思い出す。
建築プロジェクトのコーナーもあり、
見たことの無い建物もあり楽しい。

沢山の展示空間を体験した1日でした。
作品のサイズにもよりますが、
事務所も美術館も空間は広ければ広いほど良いのかな等と思う。

日曜日は日経アーキテクチャの撮影取材で湘南の家へ。
生活も落ち着き良い感じです。
撮影は吉田さんに網走以来撮って頂く。
仕上がりが楽しみ。

東京は蒸し暑かったが、北海道に戻ると寒いくらい。
もう秋です。



COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/364-7a4d3f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||