北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201709«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711

ちょっとした驚き・・。。


先日、打ち合わせに向かう車中、
スタッフとの会話の中で、
音楽の話になっと時のことである。

スタッフ、インターン、オープンデスク、
計4名の若者達に、
「ブルース・スプリング・スティーン」の話を投げかけると、
誰も知らないのである・・・・。

例えばグレン・フライを知らないとか、
ポール・ヤングを知らないと言うのなら、
まだ仕方がない気もするが、
よりによって「ブルース・スプリング・スティーン」を知らないなんて・・。

ボーンインザUSA

僕が中学生の頃のアルバム。
全曲良いので聞いてみて下さい。

トンネル

僕は地味ですが、このアルバムが好きです。

さらに音楽話を続けると、
今度は「佐野元春」を知らないことが発覚・・・・。。

ビジター

他にも代表作はあるのですが、
これが1番好きなんです。
聞いてみて下さい。

建築もそうだが、
音楽も系譜を辿るように、
現代から過去に遡りながら、
各自の臭覚により、
色々な知識を獲得していくのが普通だと思っていた。
しかしその大前提として、
感受性が必要だと言うことなのだろうか・・。

懐かしい音楽の話ついでに、
これも聞いて欲しい。

サウンドストリート

NHK青春ラジカセ

中学生時代、午後10時からの45分間、
毎夜に聞いていたラジオ番組。
僕のその頃の日課として、
このサウンドストリートを聞き、
間に挟まるニュースとラジオドラマを聞いた後、
クロスオーバーイレブンを聴いてから寝ると言う毎日だった。
僕が中学2年までは民間FMが入らなかったので、
ラジオはもっぱら「NHK FM」。

FMレコパルやFMファンを買いあさり、
些細な情報にも敏感に反応し、
何だか必死に情報を得ようとしていたのを思い出すと、
その頃の習性が、
今も継続しているような気がする。

佐野元春、坂本龍一などがDJを勤めた名番組。
僕と同世代の人は懐かしく、
若い世代の人には新しい、
そんな番組です。



COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/344-ba6d4fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||