北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202106«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202108

春。。


先週末から快晴が続いている北海道。
やっと春を感じる気温になりました。
事務所の周りの雪も一気に姿を消しました。

春になったせいか、
事務所の模様替えをしたい今日この頃・・。

本棚や収納は多い建物なのですが、
最近は少々不足気味。

整理が下手なのか無駄に使っているスペースもあるので、
机のレイアウトと収納のレイアウトを変更しようと思っています。

スタッフが現在使用している椅子は、
KEVI(ケビィ)社の「model 2004」なのですが、
あと2脚欲しいと思いネットで色々と探してみたものの、
なかなか見つかりません。

現行モデルも素敵ですが、
やっぱり「model 2004」が好き。

「RABAMI CHAIR 312」もお手頃で良いですね。

早く模様替えをしてスッキリしたいものです。


10+1ウェヴ

「10+1」のウェヴサイトに、五十嵐太郎さんの文章、
特集 : 1970年代生まれの若手建築家」に
「グローバリズムのアイコン化に抗して」が掲載されています。

同世代を俯瞰した内容は興味深かったし、
ある種、定点との距離を観測する上でも、
有難い内容です。



COMMENTS

五十嵐淳 #cYys6Xio|2009.04.09(木)|19:30:36|edit

佐瀬くん、勿論、覚えてますよ。
元気そうで何よりです。

あっと言う間に1年経ちましたね。
そしてアトリエ事務所勤務との事で、
良かったですね。

こちらも4月に入り、
活気が出てきています。

お互い頑張りましょう。
そして機会があれば、
また飲みましょう。


お久しぶりです

佐瀬 #-|2009.04.08(水)|22:55:07|edit

お久しぶりです。覚えていますでしょうか?
去年の7月にオープンデスクに行きました佐瀬です。お世話になりました。
留辺蕊の住宅は最初の1/100のスタディ模型を作ったので、その空間が現実に立ち上がりつつあるのは懐かしいような不思議なような、そんな感覚です。

先週、五十嵐さんが横浜の赤レンガでの卒業設計展の審査員で来られるので、是非挨拶に行こうと向かったのですが、すごく混んでいたみたいで、講評会には入れませんでしたので少し作品を見つつ時間も無かったので残念でしたが帰りました。又機会がありましたらご挨拶に行きたいと思います。
もっと東京で仕事してください(笑)

こちらごとですが、僕は東京、東中野にあるアトリエ設計事務所に就職しました。
佐呂間はまだまだ寒いのでしょうか。東京は春になり桜も満開で、気温も暖かくなってきました。

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/321-f702c04e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||