北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202107«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202109

四国建築巡り 2日目


犬島の見学ツアーは金・土・日の3日間しか運行していなく、
直島9時15分発→犬島→直島13時30着で見てきました。
事前に予約が必要なので、これから行かれる方は要チェックです。

犬島ウェヴ0

生憎の雨でしたが、
それが余計にこの島の雰囲気に合っていました。
行って先ず驚いたのは、
この島が元々持っているコンテクストの強さ。
恐ろしく魅力的な「場」でした。

犬島ウェヴ1

その敷地内に三分一さんが美術館を設計しました。
写真や図面など雑誌掲載内容はそれなりに見ていたつもりでしたが、
行ってみて色々な事を理解出来ました。
僕は勝手に既存の産業遺産と複雑に新築部分が絡まりながら、
建築が作られていると思っていました。
しかし実際は煙突以外は更地の状態からの新築でした。
その新築部分と既存部分の違和感無く共存している佇まい、
とても良い仕事をしているなと感じました。

犬島ウェヴ2

内部はパビリオンの様な構成で、
案内に従って移動しながら見学していくと言う、
少々窮屈な見学方式でしたし、
空間構成がアーティストの意向が強すぎるようにも思いましたが、
その強い意向を見事に空間化している、
三分一さんの旨さを感じます。

機械による換気空調を一切行わず、
空気の流れを調整しているとの事で、
真夏の暑い日にも再度訪れて見たいと思いました。

もっとジックリとこの場に身を置き見学したい所でしたが、
見学のプログラムがそれを許してくれず、
そこがとても残念でした。


直島ウェヴ1

午後に直島に戻り、
家プロジェクトなどを見学。
4年半前には無かった千住さんや大竹さんのを見れて良かった。
更に内藤さんの作品は予約していなかったのですが、
ベネッセハウスの支配人の方の計らいで見学させて頂きました。
この様なプロジェクトが点在しているのは楽しいです。

直島ウェヴ2

海の駅は西沢立衛さん設計。
このスケールとしては考えられない構造のプロポーション。
違和感無く海の駅として機能しているのがとても印象的。

色々と堪能した後、
地中美術館へ。
やはり2度見ると建物の印象は随分と変わる。
一通り見学後、ナイトプログラムに参加。
これはタレルの作品を夕焼けから夜まで堪能できるもの。
空の色の変化とタレルの光の演出は楽しめましたが、
45分と言う少々長めの時間設定の根拠は理解出来ません。
正直、もう少し短くても十分に意図を表現出来るのでは??

夜はオーバルに宿泊。
楕円の水盤がある中庭も、
諸室の配置も、
屋上や動線の計画も、
全てにおいて素晴らしい建築だと思いました。
泊まれて良かったです。

直島と犬島を堪能した1日でした。



COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/304-1ddd4d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||