北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202106«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202108

香川県でレクチャーします。


香川県レクチャー

五十嵐淳 講演会

「ローカルな必然性より生れる新しい普遍性について」

■ 開催日時 2009年3月7日(土)
          15時00~17時00(14時30受付)

■ 開催会場 高松オリーブホール
          香川県高松市南新町5-6サンプレイスビル3階

主催 香川建築士会 高松支部

問合せ 香川建築士会 事務局
      tel 087-833-5377


四国へ行くのは初めてで、
今から色々と楽しみです。

お時間のある方は是非お起こし下さい。


COMMENTS

五十嵐淳 #cYys6Xio|2009.03.12(木)|17:36:35|edit

高松でのレクチャーに関する感想、
ありがとうございます。

データが上手く開けずに、
スタートが遅れてしまい失礼しました。

北海道や高松も地方ですが、
東京も地方だと考えています。
そもそも世界に中心など無い訳ですから、
それぞれの地方における、
それぞれの必然性を見つける事が出来たなら、
それは最高に素晴らしい事だと思います。

お互い、頑張りましょう。

ありがとうございました。

宇川 千晴 #-|2009.03.08(日)|09:01:03|edit

とても興味深い講演をありがとうございました。
学生時分に「矩形の森」を雑誌で拝見した時に、すごく衝撃を受けまして、それ以来ずっと気になっていました。
昨日の講演で、考え方や背景を伺う事ができて嬉しかったです。
今後も五十嵐さんの「状態に対する回答」楽しみにしています!

講演会、ありがとうございました。

島田智一 #-|2009.03.08(日)|00:38:53|edit

はじめまして。

3月7日の香川県での講演会に参加しまして、とても感動したので、思わずネット検索してコメントを書き込んでいます。

「ローカリティ・環境という与条件の読み解きから、建築をつくる」という話。僕は香川県の隣の高知県で建築設計をしているんですが、北海道とは全く違う環境で、暑くて雨が多くて、北海道とは違った意味で厳しい気象条件で建築をつくっています。

考えてみれば、北海道は北海道の、高知は高知の状況から生み出される建築があるべきですよね。今までそういう風に地域と建築の関係を考えたことがありませんでした。今回の講演会で、そのことに気づけたように思います。

今日は貴重なお話、ありがとうございました。

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/291-c01c5307
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||