北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201709«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201711

熊本 DA5展

2月27日(水)、農家の家は床暖房工事。
佐呂間の家は躯体工事。
夜は建具屋と打ち合わせ。

2月28日(木)、佐呂間の家は防水工事。

3月1日(土)、早いもので3月に突入。
光の矩形が日経アーキテクチャーの取材を受ける。

3月3日(月)、羽田経由で熊本へ。
到着口で学生2人と合流。
そのまま建築見学へ。

葉祥栄歯医者
先ずは葉祥栄氏の歯科医院へ。
先生と話し込んでいると2階の住居部分も案内して頂くことに。
若干の改修はされているものの、葉氏の精神が伝わってくるようで心地よい空間。

葉祥栄店舗ビル
次に市内にある葉氏の店舗ビルへ。
アーケード街に平屋のヴォリューム。
シンプルでモダンだが、良い時間の過ごし方をしている。
こちらも心地よい建築である。

篠原一男北警察署
次に篠原一男氏の警察署へ。
想像より随分とコンパクトなスケール。
普通であり異様な佇まい。
内部も同様の印象。
見れて良かった。。

夕食は学生お勧めの豚骨ラーメン屋へ。
物凄くコッテリでしたが美味しかったです。
その後、ホテルまで送って頂く。

3月4日(火)、午前9時過ぎに「DA5展」の会場へ。
PS暖房が古い銀行を改修した建物で、以前より見たかった空間。
とてもセンス良く手が加えられている。
輻射式の冷房も少しだけ体験。
確かに夏は気持ち良さそうである。
宿泊スペースがある事を知り、次回来る事があれば泊まってみたいと思った。

会場には発表者の作品が並んでいたので、
一通り目を通す。
講評者の方達とご挨拶。
長谷川豪氏とも初めて会うが、正確には数年前に1度会っている。。
午前10時から講評スタート。
5分のプレゼで5分の質疑で合計16名。
午前中はかなり厳しい意見の講評が続く。
昼食は会場近くの古い民家を改修したお店。
とても美味しい料理でもう少しゆっくり食べたかった。
午後からは講評者も少々疲れてトーンダウン。

総体としてストーリーやプログラムに相当な労力を使うも、
肝心の建築そのものに魅力の掛けている案が多かったのが残念。
僕は、増田さん、尾崎くん、千さんの案が良いと思いました。

DA5展終了後、懇親会まで時間があったので、
河原町商店街を見学。
小さな街の舞台セットのような古びた建物でとても魅力的。
家賃などを聞いてさらに驚く。
とても羨ましいスペースである。

懇親会はビールのお店。
学生達と色々と話す。
3次会で終了。

n
3月5日(水)、朝8時30にホテルルビーで学生と待ち合わせ。
僕の運転で長谷川さんをホテルで拾い、建築見学ツアーへ。
先ずは大分に向けて高速に乗る。
意外と早く市内に入り、藤本壮介氏の住宅の現場へ。
現地に常駐してい野桐さんと合流。
色々と説明を受けながら見学。
入子のスケール感を体験出来ただけでも来たかいがあった。

とりてん
その後、大分名物とりてんのお店へ。
からあげとは少し違い、とても美味しかったです。

磯崎新
次に磯崎新氏のアートプラザへ。
さらっと見学のつもりが、丁度、磯崎さんの展覧会が開催中だったので、
かなりタップリと見てしまう。。
これは貴重な展覧会だと思うので、九州の方は是非行って見て下さい。

菊竹
次に久留米へ移動。
菊竹清則氏の納骨堂へ。
これは長谷川さんの憧れ建築だと言うだけあって、
とても不思議な構築物だと思った。

次に熊本へ向かい、トム・ヘネガンの農業施設を見学。
しかし途中道に迷うなどしているうちに日が暮れてしまう。
とても見たかった施設だけに残念だったが、
薄くらい中でサラッと見学。
もう1つ、木島安史氏が移築し自邸として使用していた「弧風院」を
どうしても見たかったのだが今日は断念。

市内へ移動し居酒屋へ。
馬刺し、辛子レンコンなどを頂く。
その後、バーへ移動。
雰囲気が良かったのか酒が美味かったのか、
久しぶりに大笑いしながら朝まで飲みました。

弧風院1
3月6日(木)、午前9時にホテルで学生と合流。
そして弧風院へ。
やはり変な建築である。
これは良い意味での変だ。
入口を入ると回廊に囲われた1段下がった大きな空間がある。
この妙なスケール感はタマラナイ。。

弧風院2
その奥に、生活を支える小さな空間が寄り添っている。


弧風院3
ここは現在、地元学生有志が維持管理の作業をしている。
話しを聞くととても愛着を感じているようだ。
僕は奇妙な建築だと思っていた。
なのでとても憧れて体験したいと思っていた。
しかし今の状況はそれで幸せなのかも知れない。

弧風院を後に、熊本空港へ。
羽田経由で北海道。

3月7日(金)、午前中はクライアントと打ち合わせ。
午後から現場で板金屋と打ち合わせ。
夜は建具屋と打ち合わせ。

3月8日(土)、午前9時から佐呂間の家の現場でお施主さんと電気屋と僕で、
照明器具などの位置の確認作業。

現在、オープンデスクの学生が4人来ていて、
色々と作業を手伝って貰っています。

明日は鹿追の家の完了検査。
来週末にオープンハウスの予定です。




COMMENTS

管理人のみ閲覧できます

#|2008.03.11(火)|18:21:44|edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/193-87b2ed38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

||