北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202106«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202108

欠航。。

1月24日(木)、午前中は事務所で作業。
朝から雪が降り続く。
夕方便で仙台へ向かう予定だったので、
天気予報と航空会社のホームページをチェック。
昼過ぎに女満別発の便が遅れることが分かったので、
千歳から仙台への乗り継ぎ便に間に合わない。
なので明日朝、千歳から仙台へ行く便に急遽変更する。
夕方、吹雪の中、札幌へ向かい10時過ぎに到着。
天候は仕方ないが激しい1日だった。

1月25日(金)、早朝、千歳空港へ。
仙台空港へ着くと雪が積もっいて寒い。
空港で朝食を取り、少しゆっくりしてから市内へ。
本屋などに寄り、昼食を食べてから東北大学へ。

先ずは僕のグループの発表を聞く。
それぞれに頑張ってはいるが、期待していた提出物の密度ではない。
課題が曖昧だったので、悩む時間が膨大だったようだ。
採点をして発表者3名を選ぶ。

その後、五十嵐太郎グループ、米田明グループ、五十嵐淳グループの順に発表。
五十嵐太郎グループの皇居美術館空想を考えた彦坂尚嘉氏もゲストとして参加。
中には大胆で面白い提案もあったが、全体として表現力に欠ける気がした。
どんなに面白い発見をしても、それを相手に伝える力が無いと勿体無い。
実物の建築も、どんなに面白い考え方や理論があっても、
実際の空間に感動できないと残念である。
彦坂尚嘉氏のブログで、面白い言葉で建築の評価をしています。
http://blog.so-net.ne.jp/hikosaka/2008-01-26

午後6時過ぎに終了。
その後、懇親会へ。
五十嵐太郎さん、米田明さん、彦坂尚嘉さんは新幹線で東京へ。
僕は、小野田さん、本江さん、桜井さんとで2次会へ。
色々と参考になるお話を聞かせて頂き、
楽しく飲むことが出来ました。

1月26日(土)、早い便への変更が出来なかった為、
午後2時まで時間があり、久しぶりにメディアテークへ。
ミュージアムショップで少し買い物して、
各階をゆっくりと見学。
土曜日だと言うこともあるのだろうが、沢山の人で溢れている。
とても素晴らしいことだ。
何故なのだろうと考えながら上へ上へ。
最上階へ到着し、ブースでビデオを見ている人を見たときに、
不謹慎かも知れないが、ここは漫画喫茶だと思った。
単純に同じような利用用途が入っているからと言う理由ではなくそう感じた。
パブやカフェのような寄合の場は、年齢を問わずに必要なのだろう。
老人も家に篭っているより、こう言うスペースで過ごすほうが良い。
初めてメディアテークを訪れた雰囲気の老人が2階をウロウロと彷徨いながら、
自分の居場所を探している行動がとても印象的だった。
1階のカフェで昼食をとり、空港へ向かう。
仙台から千歳に到着したのが午後4時。
その後、4時間運転して事務所に戻る。

1月27日(日)、午前中、事務所でお施主さんと打ち合わせ。
午後からスタッフと図面の打ち合わせ。

明日は朝、構造家の長谷川さんと女満別空港で合流。
その後、3つの現場を廻り、事務所で打ち合わせ予定。
多分、結構ハードな1日になりそう。。




COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/173-dcf2e561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||