北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

202107«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»202109

色々と・・・・。。

今週もドタバタと進みました。

1階床スラブコンクリート
旭川倉庫は1階床スラブのコンクリートを打設しました。
散水養生をして基礎部分の型枠を取り外しました。

埋戻し
その後、周りを埋め戻し、整地しました。
今後、足場を掛けて配筋工事、型枠工事が進んでいきます。

札幌の家の建築確認申請を提出する為に、
札幌市役所へ10数年ぶりに行ってきました。
細々と窓口で訂正などして、無事に提出完了。
今後、役所担当者からの指示を待ちます。

その後、北海道工業大学の講評会へ行きました。
今回は2年生のスモールビルが課題のテーマです。
僕は毎回、課題最終講評だけの参加なので、
途中経過が解らないのですが、
その分リニアーに作品と接する事が出来て楽しいです。
まだまだ完成度は低いのですが、清々しいです。
今後も建築を嫌いにならないように、
ハイテンションで頑張って欲しいものです。

講評会終了後、川人さん、菊地さん、平尾さん達と飲みました。
10数年ぶりに「中華風居酒屋 へんみ」へ。  
http://r.tabelog.com/hokkaido/rstdtl/1001736/
味も良いがとにかく量がスゴイです。
たのみ過ぎて食べ切れませんでした。
このお店の近所で川人さんの住宅現場が進行中との事です。
不思議な断面型でスケールも不思議そうなので、
完成がとても楽しみです。

先週土曜日、難波さん達が帰った後に、
鹿追へ行き、打ち合わせしました。
最終目標が色々と決まり、順次図面など訂正を進めています。
その後、最終見積りの調整をします。
早ければ8月下旬に着工したいです。

農家の家は作図作業が継続しています。
屋根型が出る形体は、構造や納まりが四角い建物よりも、
色々と難しく、慎重になります。
静かながらも不思議な建築を目指します。

29日(日)からの3日間、新建築の浅田さんが撮影に来てくれます。
博物館の展示構成と、ROOM/SETを撮って頂きます。
美味しいお店をリサーチしなければ。。

もう直ぐ7月も終わります。
8月は学生が沢山来るので、
賑やかに作業が進みそうです。






COMMENTS

COMMENT POST


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

TRACKBACK URL

http://junigarashi.blog85.fc2.com/tb.php/111-f649620a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

||