北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

201207«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»201209

「polyphonic」のオープンハウスを開催します。


polyphonicオープンハウス画像


春より工事を進めていました、
「polyphonic」が完成します。

お施主さまの御厚意により、
オープンハウスを開催させて頂くことになりました。

日時 8月16日(木) PM 1 時~PM 17 時

建設地は北海道の佐呂間町です。

詳細住所につきましては個人情報となりますので、
見学申し込み頂いた方にのみ、お知らせ致します。

当日、確実に来られる方のみ申し込み下さい。


下記アドレスまで、

氏名・所属先・連絡先・当日の見学予定時刻を明記の上、
メールをお送り下さい。

jtim4550@coral.ocn.ne.jp

ご覧頂き、ご批評頂けましたら幸いです。


五十嵐 淳


「こころのなかの建築」展


「こころのなかの建築」展

「こころのなかの建築」展に参加しています。

会   期 2012年08月04日 ~ 2012年09月08日
夏期休廊 8月14日~8月18日

場   所 「hiromiyoshii roppongi」 (東京都港区六本木5-9-20)

詳細は「AAR」のホームページにて。


「小さな素材から世界を刻む」展


時計展2012

「PASS THE BATON GALLERY」にて開催中の、
「小さな素材から世界を刻む-Ticking the World from Small Materials-」に、
参加・出品しています。

立体格子時計

「立体格子時計」(試作)を出品しました。

会期 2012年8月3日(金)~8月26日(日)
詳細は「PASS THE BATON GALLERY」のホームページにて。


倉俣史朗読本


倉俣史朗読本

昨年、21_21 DESIGN SIGHT にて開催された、
「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」展の関連プログラムの、
トークショーに参加させて頂いた内容が収録された本が発売になりました。
倉俣史朗さんの本に少しですが関われたことは、
とても光栄で嬉しい出来事です。
ぜひご覧いただければ幸いです。

書籍名 倉俣史朗読本
著者名 関康子 構成・編
発行所 ADP
判 型  A5 ページ: 493
価格(税込) ¥ 3,150
発行年月  2012.07
商品コード  90334828

■目次

一 倉俣史朗が生きた時代

・倉俣史朗とエットレ・ソットサスの仕事
 藤塚光政・近藤康夫・榎本文夫
・ソットサスを生み、倉俣史朗を刺激したイタリアデザイン
 佐藤和子
・倉俣史朗と雑誌「ドムス」のダイアローグ
・80年代はインテリアデザインの時代だった 内田繁・関康子
・柳宗理に聞く ワークショップの実践 聞き手 倉俣史朗
・ポスト・フェストゥム(祭りの後に)-エットレ/シローの1975年
 磯崎新

二 倉俣史朗とゼロ年代

・磯崎新と語ろう!-倉俣史朗とエットレ・ソットサス
 磯崎新・井上真吾・松原慈・溝口至亮・太刀川英輔・鈴木清巳
・倉俣デザインの未来を語る
 五十嵐淳・中山英之・岡田英造

三 倉俣史朗のものづくり

・倉俣史朗と格闘した職人たち
 石丸隆夫・三保谷友彦・近藤康夫・五十嵐久恵枝
・人物登場13 倉俣史朗 異色のデザイナー

四 倉俣史朗の考え方と行動

・アート・インスパイア・デザイン
 田中信太郎・保坂健二朗
・倉俣史朗の仕事と考え方 聞く人 高松次郎
・横尾忠則が見た倉俣史朗 横尾忠則
・占いによる倉俣史朗のすべて 横尾忠則
・ANOTHER KURAMTA/SOTTSASS DESIGN
 三宅一生・関康子

後記 デザインで俳句を詠んだ人 関康子




||