北海道佐呂間町を事務所と札幌市のアトリエを拠点に、北海道を代表する建築家・五十嵐淳のサイト。建築紹介、住宅設計・新築・マイホームに関するご相談などにも応える。

jun igarashi architects
illustration by Midori Kambara
© 2002-2009 Jun Igarashi Architects

Blog

200902«12345678910111213141516171819202122232425262728293031»200904

コラボしたmodello Chair。


モデロ椅子

蒲原みどりさんとコラボして、
ドローイングが施された「modello Chair」。

販売されているので、
興味のある方は下記ページにて問合せてみて下さい!!

MIDORIUM DESIGN ミドリウムデザイン
http://www.midorium.com/

進行状況。


3月24日螺旋階段

湘南の家の現場進行状況です。
建て方の前に鉄骨の螺旋階段が設置されました。
階段が付くと急に空間がその場に現れるようで楽しいですね。

3月24日建て方1

1層目部分まで躯体が建ち上がりました。
敷地いっぱいに建物が建つので、足場は単管です。
北海道では幅の広い足場を使うことが多いまで、
現場に行ってもスイスイと足場を歩くことが出来ますが、
現場慣れしている僕でも、
単管足場をスイスイ歩くのは無理です。。

今週中には屋根まで骨組みが完成予定。
全体ヴォリュームが建ち現われるのが今からとても楽しみです。




雑記。

リノベーションフォーラム

マイカップサポートプロジェクト絡みで、
新堀さんから受けたインタビューがアップされました。

http://forum.inax.co.jp/renovation/interview/005/004.html

五十嵐威暢さんのインタビューも同時にアップされています。

http://forum.inax.co.jp/renovation/interview/005/001.html

この対話により、地方の過疎地について、
色々な思考が広がりました。
何時か何かに繋がると良いです。


ベースステーション

従妹が展開しているブランドを紹介。
BASE STATION
http://basestation.jp/

路面店が原宿にあります。
従妹がデザインした服も展開されるようです!!


今日、学生が3人オープンデスクの期間を終了し帰りました。
かなりシンドカッタと思いますが、
この経験を生かして1年間頑張って欲しいものです。

今週も移動の多い週になりそうですが、
雪も溶けて道路は走りやすいです。
明日は帯広です。



学生連れて現場へ。

3月21日外観

今日は午後から「house o」の現場へ。
外壁も貼り終わりました。
今回は「原野の回廊」で使用したガルバリウムと同じ材を使用しました。
後は足場を外すのみとなりました。

3月21日内観

オープンデスクの学生3人を見学に連れて行きました。
そして現場を掃除してもらいました。

僕はお施主さんと造作家具などの打ち合わせを現場でしました。

石膏ボードもほぼ貼り終わり、
今後は床のフローリング工事に入ります。
ここでも最近よく使っているシラカバ材を使用します。
シラカバは北海道の代表的な樹種だし、
白木で小さな黒い節がカワイイ素材です。

今月末から来月初めで、どれ位雪が融けるかで、
左官などの残りの工事が出来るか決定します。
加速度的に融けて欲しいですね。

トラクターバス3月21日

昨年の夏より色々とスタディを続けてきた、
某プロジェクトの現場も進行中です。
現場と言っても建築ではなくて、
初めて動くモノをデザインさせて頂きました。
模型を何度も作り検討はしたものの、
何せ初めての体験なだけに完全には予測出来ないのですが、
それだけに期待も高まります。
今年の夏には北海道内の某所に御目見えの予定です。
また報告します。

大八木邸3月19日

湘南の家は外周部の基礎の建ち上がり面のモルタルが塗り終えて、
土台を設置する工事が始まっています。

木材は結局、北海道の稚内で加工したものを、
湘南まで運ぶことになりました。
その理由として運賃を掛けても安かったこと。
さらに関東圏のプレカット工場で対応出来るところが無かったこと。
そんなに複雑な木造では無かったので、
カルチャーショックでしたが、
逆に北海道の木造の総体的な技術の高さを実感出来た瞬間でもありました。
躯体が建ち上がるのが楽しみです。

今週は事務所でジックリと作業が出来たので、
色々と方向が見えました。
やはり模型などの具体的な形になっていくと、
霧が少しずつ晴れていくような感覚になり、
更に前進しようと言う気持ちが高まりますね。

今後も丁寧に詰めて行きたいと思います。

来週末は横浜です。
そろそろ桜の季節なのでしょうか。
北海道の桜は5月の連休前後なので、
少し早い桜を楽しめるのは嬉しいです。

赤レンガ卒業設計2009


赤レンガ講評会

今月末ですが、
「赤レンガ卒業設計2009」 の講評会に審査員の1人として参加します。
昨年は京都工芸繊維大学のに参加して以来なので、
久しぶりに卒業設計に触れる機会です。

今日、参加者229作品に資料が届きました。
目を通すだけでも大変ですが、
当日までにある程度絞っておかなければなりません。
少ないデータでシッカリと読み込みたいと思います。

概要

都市・建築デザインのプロを目指す関東12大学の学生による合同卒業設計展。
審査前に一般投票の得票を集計して上位2作品が一般賞。
その他の各賞は、審査員が会場内を巡回して投票し、
得票上位12作のプレゼンテーションを行ない、
公開協議を経て決定する。

会期

2009年3月25日(水)~3月30日(月)
11:00~19:00 (最終日は16:00まで)

参加大学

神奈川大学、昭和女子大学、東京電機大学、日本女子大学、
法政大学、武蔵工業大学、首都大学東京、東京工業大学、
東京理科大学、日本大学、前橋工科大学、横浜国立大学

講評会

日時

2009年3月29日(日)

ゲスト

千葉学、五十嵐淳、佐藤淳、西沢大良、吉村靖孝

会 場

横浜赤レンガ倉庫
(神奈川県横浜市中区新港一丁目1番

問合せ

red2009arc@hotmail.co.jp

http://www.luchta.jp/competition/index.aspx?EC=137